初心者入門講座 | デジタルミュージック編(DTM | DAW) No2

デジタルミュージック初心者講座第2回目は

【初めてのDTM/DAWに必要な機材!】

についてご紹介。

前回、パソコンで作曲やレコーディングが手軽にできます!とご紹介しましたが、周辺機器を幾つか揃える事によってより便利に利用する事ができます。
また、DTMが普及した当初より、機材の質(コスパ)や価格も非常に進化しており、お手頃な価格で本格的な音楽制作の環境を作る事ができます。

当スクールでも、体験レッスンの際によくご質問いただく内容も踏まえながらご紹介させていただきます。

まず、一つ目のアルトベンリ!はこちら。

・MIDIキーボード

MIDI、、、、、ミディと読みます。
キーボードやシンセサイザーなどの楽器や、オーディオインタフェースやエフェクターなど機器に搭載しているあの端子のことです。
ナンノコッチャといった方はコチラから。。
http://ja.wikipedia.org/wiki/MIDI

これに対応したキーボードや各種機器を使用することで、作曲時のデータ入力が非常に簡単になります。
特にピアノのご経験がある方はとっつきやすい面もあります。
(もちろん、弾けなくても作曲可能です。)

次いで二つ目のアルトベンリ!

・オーディオインターフェイス

これはパソコンと外部機器とをつなげる機械の事。
マイクや、シンセサイザーなどをつなげる時には必須となる機械ですので、これらもDTMを始める際に一緒に準備をする事をお勧め致します。

まだまだ掘り下げていくと、モニタースピーカーや、ヘッドフォンなど多々アルトベンリな機器がございますが一先ず今回の記事はここまで。
またオススメ機材なども特集としてご紹介してまいります(^^)

なお、当スクールでは、これからDTMを始められる初心者の方を対象に機器設定の方法や、購入相談などを無料にて行っておりますのでお気軽にお問い合わせください!
(これまでの経験上、可能な限り様々なアドバイスを行わせていただきます)

デジタルミュージック入門コース
http://ib-musicschool.com/daw.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください