初心者入門講座 | アコースティックギター編 No2

二回目の投稿は、タブ譜の読み方についてご紹介!
ギターにはタブ譜といって、五線譜が読めなくても視覚的に理解できるように改良されたギター専用の記譜方法です。

もちろん、ピアノの様に音符を読みながらの演奏も可能なのですが、その手軽さゆえにタブ譜も様々な譜面で使用されております。
画像で紹介するとこんな感じ↓
1まず一つ目のハードルはここ!
最初は、フレット数と、弦の位置関係が紛らわしく、なかなか思う様に指が動かないのですが、しばらくすれば自然と慣れてきますので諦めずに少しずつ理解を深めていきましょう!

次回は、当スクールのギターコースでも入門の方に一番最初に覚えてもらっている4つのコードをご紹介します(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください